労務管理なら松山の愛媛労務管理

2022/06/01

6月の異名

水無月(みなづき)

…地面や田が水で潤う月であることから、「水の月」が転じて「みなづき」、というのが有力な説。「無」は「ない」という意味ではなく、「の」と読ませる。なお、田に水が流れ込み、田以外の水がなくなるから、という説、梅雨明け後に水が少なくなるから、という説もある。

(他の異名)炎陽(えんよう)、旦月(たんげつ)、常夏月(とこなつづき)、涼暮月(すずくれづき)、伏月(ふくげつ)